生活習慣病は老化で起こる? 若いうちから意識したい大切なこと

  • 作成:2021/11/05

高血圧症や糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病は突然起こるわけではなく、長い時間をかけて少しずつ進行していきます。なぜ、徐々に進行するのか、私たちはどう対処すればいいのか。今回は、生活習慣病と老化について横山啓太郎先生に解説していただきました。

この記事の目安時間は3分です

生活習慣病は老化で起こる? 若いうちから意識したい大切なこと

体の機能が低下することで起こる生活習慣病

老化とは、徐々に体が変化して心臓や腎臓、脳の働き、そして筋力などが低下していく状態を表しています。そして老化は、誰であっても絶対に避けることはできません。
したがって、こうした体の変化に合わせて生活習慣を変えていく必要があります。徐々に機能が低下していく体への外的な負荷を少なくすることで、高血圧症や糖尿病、脂質異常症といった生活習慣病を予防することになるわけです。

ただ、老化現象とは、どこまでが健康でありどこからが病気になる、という境界線が明確ではありません。例えば、病気を起こす微生物によって発症する感染症は、感染して発熱や下痢、呼吸困難といった症状が出ると、誰もが病気になったのではないかと自覚できます。

しかし老化と関連している生活習慣病の場合、多くの人が自分の体の機能が徐々に低下してきていると感じながらも、日常生活を送れているので特に注意を払わないものです。この状態でそれまでと同じ生活習慣を続けていけば、体が外的な負荷をますます処理できなくなり、高い確率で生活習慣病を発症することになります。

いくつかの病気は、薬や手術によって治ることが期待できますが、体自体の老化と関連する生活習慣病の場合は、薬や手術で元の健康体に戻ることはできません。つまり一生、糖尿病や脂質異常症、高血圧症と付き合っていかなければならなくなるのです。

生活習慣病は老化で起こる? 若いうちから意識したい大切なこと

若いうちから老化を意識し、早期に予防を始める

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1334文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師