20代からも起こる「老化現象」 コロナ禍は生活習慣を見直す絶好のチャンス

  • 作成:2021/12/30

ピンピンコロリで100年を生きるためには、リアリティを持って健康を考え、マネジメントすることが重要です。ただ、健康というのは身近でありすぎるため、なかなか日常の中で意識することは多くないのではないでしょうか。健康とは何か、なぜ大切なのか、行動変容外来で診療を行う横山啓太郎先生に伺いました。

この記事の目安時間は3分です

20代からも起こる「老化現象」 コロナ禍は生活習慣を見直す絶好のチャンス

健康を考えるとき、切り離せない老化現象

「最近お酒が弱くなった」、「徹夜すると次の日にさしつかえる」と年を感じるのはよくあることです。それが直接「健康」につながるとは誰も思っていませんが、これらは“老化”のひとつで、外的な刺激から対応できなくなるためと考えられます。

たとえば、アルコールという外的な刺激に対応できなくなった肝臓は弱り酒が弱くなる、これは早ければ20代から起こっていることです。同様に、食べた糖が処理できなくなって糖尿病に、脂が処理できなくなるから脂質異常症に、塩が処理できなくなるから高血圧になるわけです。
まだ若いころには、外的刺激に対応できるのですが、年齢を重ねていくにつれ、機能も脆弱になり、処理しきれなくなります。これが老化です

これらの症状に対して、血糖降下剤や高血圧の薬などで数値だけよくしても、実際に体が老化しているのですから根本的に解決していることにはなりません。だからと言ってもちろん薬を飲まなくていい、というわけではありません。
たとえば築50年の家で建物が壊れ雨漏りした場合、根本解決には屋根を修理しますが、雨で床が腐らないようにとりあえずバケツで雨を受けます。同様に病気に対しても、根本原因となっている生活習慣を変えて解決を図りつつ、薬で養生するということです。

自分の体について、具体的に健康とは何かと考えたとき、薬を飲んでいるだけではなく、どう対処したら根本解決につながるかを、実践することが大切です

人間にとって大切な財産、「健康」を意識する

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1602文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師