寿命を延ばす効果もある“断食” 気をつけたい注意点は

  • 作成:2021/11/17

友人や家族の中には、ファスティングに興味を持っている方がいるのではないでしょうか。断続的・定期的な断食は、体重を減らす、運動への耐久性、免疫機能、などに健康効果があるとされ、近年多くの報道がなされています。

この記事の目安時間は3分です

寿命を延ばす効果もある“断食” 気をつけたい注意点は

この記事を要約すると…
・断続的な断食は健康に良いだけでなく、寿命を延ばす効果もあるという。
・断食によって体重が減少し、メタボリックマーカーやインスリン抵抗性の低下に効果がある。
・糖尿病の有害性を徐々に減らしていく効果があるので食事療法の一つとして役立つが、合併症の原因になることもある。

※この記事は、M3 USAが運営する米国医師向け情報サイトMDLinxの記事「Can fasting make you live longer?」を自動翻訳ツールDeepLで翻訳した記事です。内容の解釈は原文を優先ください。

断続的な断食は、健康に良いだけでなく、寿命を延ばす効果もあるという研究結果が出ています。

断続的断食(IF)は、12〜48時間の断食を1〜7日ごとに繰り返すもので、定期的断食(PF)は、2〜7日の断食を月に1回以上繰り返すものです。さらに、PFには2つのタイプがあります。1つ目は水のみの摂取、2つ目は低タンパク、低糖質、高不飽和脂肪からなる植物性のカロリー制限食のみを摂取することを指す「ファストミミッキングダイエット(FMD)」です。この組み合わせは、IGF-1、IGF結合タンパク質1(IGFBP-1)、ケトン体、およびグルコースに対する水のみの断食の効果を再現しています。

断食が慢性疾患の予防や治療、さらには長寿につながる可能性に注目した研究が増えています。詳しく見てみましょう。

一般的なメカニズム

Nature Aging誌に掲載された論文によると、IFとPF/FMDは、「エネルギーを節約し、長期間の食物欠乏に耐えて生物を保護し、食物が手に入ったときに生存と繁殖を最適化する」ことに重点を置いた代替代謝モードを活性化する経路を引き起こします。興味深いことに、再摂食期間は、臓器、細胞、細胞小器官の再生や若返りにも同様に重要な役割を果たしています

「ヒトでは、断食期間と再摂食期間を交互に繰り返すことで、老化、糖尿病、自己免疫、心血管疾患、神経変性、がんなどのリスク要因にプラスの効果があるとされている。」「しかし、すべての断食介入が同じというわけではなく、有益な効果が小さいものや、場合によっては寿命を縮めるなどの副作用を伴うものもある。」と記しています。

断続的な断食の健康効果

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1673文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師