がんや心臓病になる可能性も 「幼少期のトラウマ」が健康に及ぼす影響とは

  • 作成:2021/11/22

多くのデータが蓄積されるにつれ、健康とは、単に最近の食生活や運動量のことだけではないことが明らかになってきました。それどころか、健康とは、個人的な習慣や生活環境、経験などの総合的なものなのです。

この記事の目安時間は3分です

がんや心臓病になる可能性も 「幼少期のトラウマ」が健康に及ぼす影響とは

この記事を要約すると…
・幼少期に起こったトラウマは、一生の健康に影響を及ぼす。
・がん、うつ病、糖尿病、PTSD、心臓病などの症状を引き起こす可能性がある。

※この記事は、M3 USAが運営する米国医師向け情報サイトMDLinxの記事「These 5 conditions are linked to childhood trauma」を自動翻訳ツールDeepLで翻訳した記事です。内容の解釈は原文を優先ください。

特に幼少期に経験したことは、良くも悪くも一生の健康に影響を及ぼします。健康的な食事を提供し、体を動かすことや強い人間関係の重要性を示してくれる愛すべきロールモデルがいれば、世代を超えた模範となることができます。逆に、両親や養育者に恵まれなかったり、両親や養育者がいなかったりすると、生理的にも精神的にもダメージが残り、健康的な生活を送ることができなくなります。

人間は丈夫で回復力がありますが、無敵ではありません。子供の頃の経験は、大人になってからの体や心の成長に影響を与えます。

この考え方は、医療においても重要です。包括的で質の高いケアを提供するためには、患者の病歴を詳細に把握することが必要です。患者が幼少期の逆境を経験したかどうかを知ることは、病歴をつなぎ合わせ、すべての患者にふさわしいケアを提供するための重要なステップとなります。

ACEsとは?

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り2045文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師