適応障害で休業1年。主治医は復職を勧めてくるが、まだ怖い…

  • 作成:2021/11/30

AskDoctorsに寄せられたお悩みをマンガで紹介し、医師からの回答を紹介する本シリーズ。今回ご紹介するのは、適応障害で休職し、仕事への復帰に不安を感じているというご相談です。

この記事の目安時間は3分です

適応障害で休業1年。主治医は復職を勧めてくるが、まだ怖い… 適応障害で休業1年。主治医は復職を勧めてくるが、まだ怖い…

【今回のお悩み】
仕事へのプレッシャーやストレスから適応障害になり、1年ほど休職しています。当初は睡眠障害や通勤電車の中で吐き気をも催す等の症状があったのですが、休暇を取得したことや、薬のおかげで快方に向かっています。
しかし、仕事でミスを繰り返していた経験がトラウマになっているのか、現在でも会社に行くのが怖い状況が続いています。通院中のクリニックで勤務時の状況を詳細に伝えているのですが、「少しずつ仕事に戻り、克服していくしかない」と言われてしまいます。でも、自分としては、また同じ状況を繰り返してしまう気がして、復職するのが怖いです。
このような状況の克服法について、ネットで調べた限りでは「認知行動療法」というものがあるようですが、実際にどのようなことをするのか、今の自身の状況とマッチするものなのかよくわかりません。(20代・男性)

【医師の回答】「リワークプログラム」でサポートを受けながら対策を練っては

身体に症状が出てしまうほどですので、さぞかし大変な思いをされたことでしょう。
ただ、厳しいかもしれませんが、すでに1年間の休職と治療を継続されている状況ですので、主治医の先生の判断はもっともかと思います。
どうしても会社に対して恨みに思ってしまう側面があるかもしれませんが、これほど長期間の解雇猶予期間である休職制度を設けられる企業は大企業に限られ、通常は3か月程度であることは申し添えておきたいと思います。

相談者さんが気になっておられる「認知行動療法」とは、考え方や行動の癖を把握して、変えやすい部分から少しずつ修正を加えることで、心の負担を軽くしていく治療法です。
1回あたり30分~1時間、1~2週間に1回、複数回実施されることが一般的です。回復率が高く、再発率が低いとても効果的な治療法ですが、もちろんデメリットはあります。

認知行動療法では、過去のつらかった出来事やその時の感情や行動を具体的に話す必要があるため、一時的に調子が悪くなってしまう方がいらっしゃいます。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1042文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率99%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師