我が子が初めての歯医者さん。治療前後で親に出来る3つこと

  • 作成:2021/12/13

「ついに我が子にも虫歯が見つかった。」歯科医院での初めての治療。麻酔を使った治療は、子どもも親も不安でいっぱいですよね。 今回は栗林歯科医院(千葉)東海大学医学部付属病院の金箱志桜都先生が、そんな子ども供のために、親が治療前後でしてあげられることを3つ紹介します。

この記事の目安時間は3分です

我が子が初めての歯医者さん。治療前後で親に出来る3つこと

1.治療中は優しくお声がけしましょう。

子どもは不快なことを全て痛いと表現してしまいます。親が優しく声がけすることで安心して治療を受けることが出来ます。
子供にとって、虫歯治療は時に痛かったり、音が嫌だったり、お水が出てきたりと辛いものです。過去の痛かったトラウマを思い出してしまうことや、これから何をされるのかわからないという恐怖もあります。そんな時、親ができることは一番の味方でいてあげることです。

治療を頑張っている子どもに、非難するような言葉は避けましょう。
「あなたが虫歯になったのが悪い」「泣かない!」「さっさと治療受けないと先に帰るからね」などの言葉を投げかけてはいけません。非難する言葉を投げかけられた子どもはさらに混乱して、もっと手がつかなくなるでしょう。

子どもに治療すると痛くなくなることを伝えてあげましょう。
子どもは治療しないと将来さらに困ることを理解していません。「今頑張ると大人になってから、おいしいものを食べれるよ」など、説明してあげてください。そして今頑張っているお子さんを褒め、気持ちを盛り上げて治療に向かわせてあげてください。なんと言っても子どもの良き理解者は、親なのです。

2.治療後の食事。麻酔が効いている間は注意しましょう。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1097文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師