コロッと死ねない人生100年時代 “ピンピンコロリ”で生き抜くために大切なこと

  • 作成:2021/12/23

日本人の寿命は年々延び、その中で生まれた言葉が「人生100年時代」。人生100年と言っても、30代の人であれば「あと70 年もあるのか」、50代の人であれば「折り返し地点になった」くらい漠然としたものでしょう。しかし、現状のまま100歳を迎えられるわけではありません。心身ともにどんどん衰えていきます。 つまり、いかに現状に近い状態で100年を生きるかが重要になるのです。そこで、この連載では、寝たきり予防のためのライフデザインドッグを開設した横山啓太郎先生にお話を伺っていきます。

この記事の目安時間は3分です

コロッと死ねない人生100年時代 “ピンピンコロリ”で生き抜くために大切なこと

あなたは「100年」を切実に考えていますか?

人生100年と言っても長生きすることで、認知症や寝たきりにはなりたくない程度にしか考えていない人が多いのではないでしょうか。自分がまさかリアルに100歳まで生きるとは思っていないのです。
ところが、2020年厚生労働省の発表では、平均寿命は男性がおよそ82歳、女性が88歳。働き盛りの今の30代40代の男性では、明らかに90歳近くまで延びますから、限りなく100歳に近づいています。

それでは平均寿命に達したとき、みなさんどうなっていると思いますか? 80歳を超えると急激に認知症になる頻度が増加し、およそ15%、4人に1人は認知症になっています。みなさんは自分が80歳を超えて生きていくことを実感できないと思いますが、多くの人が80歳では亡くなりません。そして認知症のリスクは平均寿命の長い女性ははるかに高く、2人に1人は認知症と付き合うことに。さらに95歳まで生きたとすると、自分自身が70%の割合で認知症になるのです。

コロッと死にたくても現実はそう甘くない

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1439文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率99%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師