コロナ受診控えで、4.5万件のがんが見過ごし状態に?対がん協会が警鐘

  • 作成:2021/11/04

新型コロナウイルス感染症の拡大により医療機関への受診控えが発生した問題で、日本対がん協会は11月4日のメディア向け説明会で、2020年度のがん診断のうち、2019年並みの健診・通院があれば見つかっていたであろうものが、9%程度に当たる4万5000件程度あるとの推計を発表しました。対がん協会がん検診研究Gプロジェクトディレクターの小西弘氏は、「検診受診の勧奨を強め、検診・通院控えの方々を受診につなげることが重要。そのためにもコロナ対策の充実を図ると同時に、がん対策も迅速に拡充することが欠かせない」との認識を示しました。

この記事の目安時間は3分です

コロナ受診控えで、4.5万件のがんが見過ごし状態に?対がん協会が警鐘

早期がんほど診断数低下…がんの死亡率に増加の懸念

 

対がん協会では、2021年7月から8月にかけて、全国の医療機関にアンケートを実施。2020年度の胃・大腸・肺・乳・子宮頸の5つのがんについて診断数や手術数、内視鏡治療数などについて105施設から回答を得ました。

 

その結果、5つのがんの診断数の合計は、2019年に8万8814件だったところ2020年には8万660件に減少(9.2%減)。特に胃がんは19470件から16868件(13.4%減)、大腸がんでは2万1975件から1万9724件(10.2%減)へ、と二ケタ減少する結果に。ステージ別にみると、いずれのがんも早期ステージのものほど発見が遅れている傾向となっており、コロナ禍での受診控えが、がんをはじめとする重大な疾患の発見を遅らせていることが示唆されました。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り450文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師