認知症のリスクを下げる「運動」 最適な強度やルーティンは?

  • 作成:2021/11/16

体を動かすことは、年齢やライフスタイルに関わらず、健康を維持するために重要な要素です。定期的に運動することは、健康に良い影響を与え、最近の研究では、認知症の予防にもつながると言われています。

この記事の目安時間は3分です

認知症のリスクを下げる「運動」 最適な強度やルーティンは?

この記事を要約すると…
・定期的な運動が認知症のリスクを低下させるという研究結果が増えている。
・運動によって脳細胞の成長と生存が促されるのではないかと考えられている。
・持続的な有酸素運動、筋力トレーニング、柔軟性・バランストレーニングの3種類を組み合わせることを推奨している。

※この記事は、M3 USAが運営する米国医師向け情報サイトMDLinの記事「Exercises to combat dementia」を自動翻訳ツールDeepLで翻訳した記事です。内容の解釈は原文を優先ください。

定期的な運動が認知症のリスクを低下させるという研究結果が増えています。

ランセット誌に掲載された2020年の報告によると、世界中で約5,000万人が認知症を患っており、その数は2050年には1億5,200万人に増加すると予測されています。心血管疾患のリスクファクターは、認知症のリスクファクターでもあるという研究結果が出ています。つまり、心臓に良いことは、脳にも良いということです。

さらに、定期的に運動をしている人は、認知症の危険因子である高血圧、2型糖尿病、肥満、心臓病、脳卒中などの発症率が低いこともわかっています。

正確なメカニズムは確立されていませんが、運動によって脳への血流が改善され、脳細胞の成長と生存が促されるのではないかと考えられています。禁煙や栄養バランスのとれた食事などの健康的な選択と並んで、定期的な運動をすることは、認知症を回避するための素晴らしい戦略です。

体力と精神力

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り2246文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師