片頭痛患者さんの治療体験談②

  • 作成:2022/11/25

本記事では、中学2年生のときに発症し、現在も通院中の、50代女性会社員の片頭痛患者さんの治療体験談を紹介します。

この記事の目安時間は6分です

50代 女性 会社員 中学2年あたりに発症し、現在通院中

発症から受診まで

目がチカチカして、頭痛と嘔吐があり、その後も、いつ起こるかずっと不安がつきまといました。その後、頭痛対策の本で偏頭痛を専門に診てくださる先生がいると知り、受診することにしました。

治療経過

最初は、発症した際の薬を服用していましたが、途中から予防薬と併用するようになりました。
予防薬の服用により、片頭痛の回数が減り、また発症しても軽く治るようになりました。また、薬を常備することで、いつ起きるかわからない、という不安がやわらぎ、安心できました。また、受診して原因が分かったことで、悪い病気ではないかという不安がなくなりました。
現在は、また発症した際の服用をしています。

受診を迷っている人へのメッセージ

頭痛はいろいろなタイプがあり、タイプごとに薬が異なります。片頭痛なら予防薬もあります。発症がゼロにはならないと思いますが、症状が軽くしたり、頓服薬と併用することで苦しい時間が少なくなるかもしれませんので、不安を抱えている方は、一度専門の先生に診ていただくのもよいのではないでしょうか。

片頭痛について学ぶ

片頭痛について医師に相談する

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率98%以上

病気・症状名から記事を探す

その他
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

協力医師紹介

アスクドクターズの記事やセミナー、Q&Aでの協力医師は、国内医師の約9割、31万人以上が利用する医師向けサイト「m3.com」の会員です。

記事・セミナーの協力医師

Q&Aの協力医師

内科、外科、産婦人科、小児科、婦人科、皮膚科、眼科、耳鼻咽喉科、整形外科、精神科、循環器科、消化器科、呼吸器科をはじめ、55以上の診療科より、のべ8,000人以上の医師が回答しています。

Q&A協力医師一覧へ

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師