膵臓がんは危険因子を排除することで予防する

  • 作成:2021/10/20

膵臓がん(膵がん)は、消化器系のがんの中でもとくに治療が難しく、進行が早いことで知られています。しかし近年、早期発見できる検査や効果的な治療薬が登場し、予後の改善が期待されるようになってきています。

この記事の目安時間は6分です

膵臓がんは危険因子を排除することで予防する

自覚症状が現れにくく、生存率が低い

膵臓がんは、初期のうちは特に自覚症状が現れることが少なく、発見時にはかなり進行し、根治療法である手術ができないケースが多く見られます。進行の状況に合わせて治療方針は決められますが、手術以外にも、患部に放射線をあててがん細胞を消滅させる放射線治療や、抗がん剤などの薬剤を使って治療する化学療法が行われています。 

膵臓は胃のうしろ側にある20cmほどの横長の臓器で、食べ物の消化を促す膵液を膵管内に分泌したり、血糖値を調節するホルモンのインスリンを血中に分泌したりしています。膵臓がんの多くは、膵臓を貫き膵臓全体に網の目のように走っている膵管の細胞から発生します。 
進行すると、腹痛、食欲低下、腹部膨満感、体重減少、黄疸、腰や背中の痛み、急な糖尿病の発症や悪化などの症状が見られます。また、膵臓の周囲には多くの神経が分布しているので、がんが散らばるように拡がって神経が侵されると、激しい痛みに襲われます。膵体部や尾部(図参照)にがんができると早期に痛みが出ることもありますが、胃や背中の痛みと勘違いされ見逃されることも少なくありません。膵頭部(図参照)にがんができたときには、肝臓が体内の老廃物を排出している「胆管」が詰まりやすくなり、早期の段階で目や皮膚が黄色くなる“黄疸”が現れ、比較的早く発見される場合もあります。

膵臓がん治療の難しさは、さまざまな数字にも示されています。胃がんなどに比べると患者数は少ないですが、すべてのがんのうち死亡者数の順位が男性は第4位、女性は3位。死亡者数は年間3万人を大きく超えています(2019年)。治療開始から5年後の生存率は、男性は8.9%、女性で8.1%(2009〜2011年)とほかのがんよりかなり低くなっています。

膵臓の構造

膵臓がんは危険因子を排除することで予防する

危険因子を知って自分で早期発見につなげる

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り2133文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師