遺伝だけではない 長寿になるライフスタイルの秘訣とは

  • 作成:2021/11/19

人々はかつてないほど長生きしています。実際、Pew Research Centerによると、地球上の100歳以上の長寿者の数は、2015年の50万人から2050年には370万人になると推定されています。これらの人々が他の人々と異なる点は何でしょうか?

この記事の目安時間は3分です

遺伝だけではない 長寿になるライフスタイルの秘訣とは

この記事を要約すると…
・長寿に関係する意外な要素を紹介。
・高齢になっても社会的であること、歩きやすい地域に住むこと、楽観的であることが挙げられている。

※この記事は、M3 USAが運営する米国医師向け情報サイトMDLinxの記事「These surprising factors impact longevity」を自動翻訳ツールDeepLで翻訳した記事です。内容の解釈は原文を優先ください。

長寿には遺伝だけではなく、ライフスタイルの選択も重要な役割を果たします。

長寿にはさまざまな要素が影響していますが、その多くは自分ではコントロールできません。例えば、人生の長さは、炎症や免疫などに影響を与える遺伝子を含む遺伝的要因によって部分的に決定されます。しかし、研究によると、遺伝子は人間の年齢を決定する円グラフの20〜35%しか占めていません。

長寿には、自分でコントロールできるさまざまな要素やライフスタイルの選択が関わっており、その中には意外なものもあります。ここでは、最近の研究で明らかになった、長寿に関係する意外な3つの要素をご紹介します。

社会性

あなたはどのくらい人付き合いをしていますか?その答えが「あまりない」なら、人生を何年も短くしているかもしれない、という研究結果がAging Clinical and Experimental Research誌に発表されました。

研究者たちは、ニュージーランドの百寿者292人のデータと、中央値が約82歳の10万3000人以上の高齢者のデータを分析し、うつ病、認知症、糖尿病、高血圧、喫煙、身体活動、社会的関係の割合を調べました。

調査結果には、よく知られている結果(百寿者は女性に多い)が含まれていますが、研究者たちは、喫煙率が低く、「社会的関与が着実に高いことが、高齢者と比較して一般的な慢性疾患を持たない百寿者の状態に達することと関連している 」とも書いています。

社会的関与とは、物理的に家を出て、家族以外の人と交流することと定義されていると、研究著者の一人はリリースで指摘しています。これは、コンサートに行ったり、スポーツをしたりするような活動から、ボランティア活動まで多岐にわたります。

住む場所

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1590文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師