病気の医療相談なら、医師に相談できるAskDoctors 「アスクドクターズ」

トップ > お薬事典 > 丸石製薬株式会社 > アスピリン原末「マルイシ」

お薬事典

アスピリン原末「マルイシ」

製薬会社
丸石製薬株式会社
主成分
アスピリン
剤形
白色の散剤
シート記載
改定
2014年04月
アスピリン原末「マルイシ」

アスピリン原末「マルイシ」に関するQ&A

睡眠薬について

睡眠薬にアスピリンが入っている薬はあるのですか? 続きを読む

医師回答あり 医師の回答:2件

頭痛持ちで市販薬「セデス・ハイ」を使っていますが、最近効かなくなりました。

他に良い薬がありますか。アスピリン系は使いたくありません。 続きを読む

医師回答あり 医師の回答:1件

胃の痛み

アスピリン喘息です。アスピリン喘息でも飲める市販の胃薬はありますか?これから仕事なのですが胃が痛くて困ってます。 (30代/女性) 続きを読む

医師回答あり 医師の回答:7件

アスピリン喘息

アスピリン喘息で市販のアスピリンでない鎮痛剤てでも発作がおきたことがあります。 病院で処方されたソランタールを服用しても大丈夫でしょうか? (30代/女性) 続きを読む

医師回答あり 医師の回答:2件

アスピリン喘息

喘息もちだと、解熱鎮痛剤を飲んだときに喘息でない方よりアスピリン喘息になる可能性が高いでしょうか。 喘息とアスピリン喘息のメカニズムは違うのでしょうか。 よろしくお願いします。 続きを読む

医師回答あり 医師の回答:5件


作用・効能

  • 体温調節中枢に作用して末梢血管の血流増加により熱放散を促進し、また炎症に関るプロスタグランジンの生合成を抑制して、解熱、鎮痛、抗炎症作用を示します。
    通常、関節リウマチ、関節痛、術後疼痛、歯痛、神経痛、腰痛、筋肉痛、打撲痛、痛風、頭痛、生理痛などの痛み、急性上気道炎の解熱・鎮痛、川崎病の治療に使用されます。

解熱鎮痛消炎剤に分類されるお薬


副作用

主な副作用として、じんましん、発疹、浮腫、鼻炎様症状、貧血、出血時間の延長などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。

まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。

  • 呼吸困難、全身潮紅、じんましん
    [ショック、アナフィラキシー]
  • 頭痛、吐き気・嘔吐、意識障害
    [脳出血などの頭蓋内出血]
  • 発熱、目や口や皮膚などの紅斑・びらん・水疱
    [皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死融解症]
  • 鼻血・歯茎からの出血、動悸・息切れ、発熱・咽頭痛
    [再生不良性貧血、血小板減少、白血球減少]
  • 嘔吐、全身倦怠感、皮膚や白目が黄色くなる
    [肝機能障害、黄疸]
  • 吐き気、下血・吐血、腹痛・圧痛
    [消化性潰瘍、小腸・大腸潰瘍]

以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。

副作用の似たお薬


使用上の注意 (事前に医師・薬剤師に伝えるべきこと)

  • 以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。消化性潰瘍、血液の異常、肝障害、腎障害、心機能不全、アスピリン喘息または既往歴、15才未満で水痘・インフルエンザがある。
  • 妊娠または授乳中
  • 他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。

使用上の注意の似たお薬


用法・用量

  • 関節リウマチ、関節痛など各種の痛み:通常、成人は1回0.5〜1.5g、1日1.0〜4.5gを服用します。治療を受ける疾患や年齢・症状により適宜増減されますが、最高量は1回1.5gまで、1日4.5gまでとされています。
    急性上気道炎:通常、成人は1回0.5〜1.5gを頓用します。年齢・症状により適宜増減されますが、1日2回まで、1日最大4.5gが限度とされています。空腹時の服用は避けてください。
    川崎病:急性期有熱期間は、1日体重当たり30〜50mg/kgを3回に分けて服用します。解熱後の回復期から慢性期は、1日1回3〜5mg/kgを服用します。症状により適宜増減されます。
    いずれも、必ず指示された服用方法に従ってください。
  • 飲み忘れた場合は気がついたときに1回分を飲んでください。ただし、次に飲む時間が近い場合は飲まないでおき、次に飲む時間から飲んでください。絶対に2回分を一度に飲んではいけません。
  • 誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。
  • 医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。

用法・用量の似たお薬


生活上の注意


    保存方法・その他

    • 乳幼児、小児の手の届かないところで、直射日光、高温、湿気を避けて保管してください。
    • 薬が残った場合、保管しないで廃棄してください。


    AskDoctors「アスクドクターズ」は、国内最大級の医師会員を持つエムスリーが運営する医師相談サービスです。

    • 24時間受付
    • 匿名で質問可能
    • 医師2,000
    • 1,000万件以上のQ&A
    • スマートフォン対応
    会員登録
    • 24時間受付
    • 匿名で質問可能
    • 医師2,000
    • 1,000万件以上のQ&A
    会員登録
    • 医師に相談Q&A現役の医師があなたの疑問を解決。過去の質問も検索できます。医師に相談 〉
    • アンケート気になる疑問を選択式で会員に質問。みんなの考えがわかります。みんなに質問 〉
    • スマートフォンでもQ&Aや生理日予測などが利用できます。お支払いも便利。

    本サイトのサービスは医学・医療情報の提供を目的としているものであり、診療行為またはこれに準ずる行為を目的として利用することはできません。このサービスにおける医師による返答は治療行為ではありません。ユーザーはこのことを十分認識した上で自己の責任においてこのサービスを利用し、必要ならば適切な医療機関の受診等、自身の判断で行ってください。実際に医療機関を受診する際も、治療方法、薬の内容等、担当の医師によく相談、確認するようにお願い致します。本サイトの利用、相談に対する返答やアドバイスにより何らかの不都合、不利益が発生し、また、損害を被った場合でもエムスリー株式会社はその一切の責任を負いませんので予めご了承ください。

    AskDoctorsのグループサイト

    医知恵
    病気に関する疑問や不安を専門医と同じ悩みを持つ会員の知恵で解決できる知恵共有サイトです。
    医知恵乳がん トップ医知恵更年期 トップ
    AskDoctors
    一般生活者向け健康商品・サービスにおいて、医師の意見を取り込んだ商品開発や商品評価を実施するサービスです。
    AskDoctors総研 トップ商品詳細AskDoctors総研について

    ご本人確認のため、登録情報に誤りがないかご確認ください。

    登録情報を確認する 今はしない