研究によって“健康に最適”とされている食用オイルはどれ?

  • 作成:2021/10/31

健康をめぐる最新のエビデンスや、様々な情報が各国で報じられています。この記事では、M3 USAが運営する米国医師向け情報サイトMD Linxから、米国医師から特に反響の大きかった健康トピックスを翻訳してご紹介します。 ※この記事は、M3 USAが運営する米国医師向け情報サイトMDLinxに2021年4月27日に掲載された記事「Cooking with these oils is best for health,according to research」を自動翻訳ツールDeepLで翻訳した記事となります。内容の解釈は原文を優先ください。

この記事の目安時間は3分です

研究によって“健康に最適”とされている食用オイルはどれ?

栄養士や研究者は、私たちの健康、特に心臓血管の健康のためには、地中海風の食事をするべきだと常に言っています。その理由としてよく挙げられるのが 地中海食の主な脂肪源は、「健康に良い脂肪」として広く知られているオリーブオイルです。

オリーブオイルは心臓に良い食用油として広く知られていますが、他の油も適度に食べればかなり健康に良いものです。

オリーブオイルはよく知られていますが、栄養士によると、他にも健康的な脂肪があるそうです。炒める、焼く、炒める、サラダにかけるなど、食用油を使う際に知っておきたい5種類の食用油について、健康の専門家に聞いてみました。

オリーブオイル

オリーブオイルは、最高の健康食品であり、優れた食物脂肪であると言われています。これは、飽和脂肪酸(大さじ1杯あたりわずか2g)に比べ、一価不飽和脂肪酸(大さじ1杯あたり約10g)の含有量が多いことが大きな理由です。管理栄養士のクリスティーン・パルンボ氏(RDN)によると、一価不飽和脂肪酸を摂取することで、「悪玉」と呼ばれる低比重リポタンパク質(LDL)コレステロールを下げることができるそうです。LDL値を下げることで、心血管疾患や脳卒中のリスクを軽減することができます。

パルンボ氏は、エキストラバージンオリーブオイルには、抗炎症作用や血管拡張作用を持つ30種類以上のフェノール化合物も含まれていると指摘しています。

もう一人の栄養士、ステファニー・サソス(RDN)によると、一価不飽和脂肪酸が心臓の健康を促進するだけでなく、オリーブオイルに含まれる抗酸化物質も健康を増進させるといいます。Sassos氏は、オリーブオイルの摂取が体重減少や長寿につながることを指摘しています。

オイルを使った料理では、スモークポイント(分解が始まる温度)に注意することが重要です。エクストラバージンオリーブオイルは、発煙点が325°F(約163℃)から375°F(約191℃)と比較的低いので、中火でソテーしたり、サラダのドレッシングに使ったりするのに適しています。つまり、本来私たちが避けるべきである揚げ物には向いていません。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1544文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師