思っている以上に健康に悪い「座りっぱなし」のリスクとは

  • 作成:2021/11/08

健康をめぐる最新のエビデンスや、様々な情報が各国で報じられています。この記事では、M3 USAが運営する米国医師向け情報サイトMD Linxから、米国医師から特に反響の大きかった健康トピックスを翻訳してご紹介します。 ※この記事は、M3 USAが運営する米国医師向け情報サイトMDLinxに2021年3月30日に掲載された記事「The common activity that’s worsening your health」を自動翻訳ツールDeepLで翻訳した記事となります。内容の解釈は原文を優先ください。

この記事の目安時間は3分です

思っている以上に健康に悪い「座りっぱなし」のリスクとは

今日の社会では、多くの人が1日の大半をコンピュータの前に座って過ごしています。特に、遠隔医療による診察への移行が進んでいます。BMC Musculoskeletal Disorders誌に掲載された最新の研究によると、オフィスで働く人々は、1日のうち70〜85%を座って過ごしており、このような座りっぱなしの状態は、心血管、代謝、精神面での健康に悪影響を及ぼすことがわかっています。

長時間座ることは、思っている以上に健康に悪いのです。

パンデミックは事態をさらに悪化させました。パンデミックの影響で体を動かす機会が減り、外出禁止や自宅待機などの措置がとられています。ある調査では、2020年4月の時点で、米国の成人の40%以上が1日8時間以上座っていたという結果が出ています。

座っている時間が長いと、本当に健康状態が悪くなるのでしょうか?体や心にどのような影響があるのでしょうか?最新の研究によると、この座りっぱなしのライフスタイルが私たちをどのように変えるのかをご紹介します。

体を動かさないことによる健康への影響

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り2094文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師