てんかんと「痙攣」「認知症」の関係 見分け方がある?ない?

  • 作成:2016/08/02

てんかんでは発作が起きますが、よく知られた「痙攣(けいれん)」と、どのような関係にあるのでしょうか。また一般的に見分けることが可能なのでしょうか。医療者でも見分けるのが難しいてんかんと認知症の違いも含めて、医師監修記事で、わかりやすく解説します。

アスクドクターズ監修医師 アスクドクターズ監修医師

この記事の目安時間は6分です

てんかんと痙攣は見分けられる?

てんかんには、大きくわけて、原因で2種類、脳の異常の起きる部分で2種類に分けられ、それぞれの掛け合わせで、4種類にわかれます。記事を読むうえで、注意をお願いいたします。詳しくは、こちらで解説しています。

症候性全般てんかん→病気が原因で、異常の発生部位が脳全体のもの
症候性部分てんかん→病気が原因で、異常の発生部位が脳の一部のもの
特発性全般てんかん→原因が不明で、異常の発生部位が脳全体のもの
特発性部分てんかん→原因が不明で、異常の発生部位が脳の一部のもの

てんかんの発作と痙攣発作の関係 違いを見分けられる?

そもそも「痙攣(けいれん)発作」とは、自分の意志と関係なしに、勝手に筋肉が強く収縮する状態のことをいいますが、原因は(1)脳に由来するもの、(2)脊髄や末梢神経に由来するもの、(3)筋肉自体に由来するものが考えられます。「てんかん」によるものは、脳由来の「けいれん発作」を起こすことになります。

てんかんでは、「強直間代発作(大発作)」「強直発作」「間代発作」などという記述が、全身性のけいれん発作を詳しく表現する時に使われています。「てんかんの発作」と「けいれん発作」の関係は、さまざまな「てんかんの発作」の中の1つに筋肉の収縮や硬直といった「けいれん発作」があるということです。

てんかんに関する用語において、歴史的にも「けいれん発作」は、代表的な症状であったために、「けいれん性」という言葉は今でもよく使われます。実際に、てんかん発作が重積する時に、「けいれん性かどうか」を区別することが、よく行われています。実際には「運動性かどうか」、つまり体の動きがあるどうかの区別なのですが、慣習的にも「けいれん」という用語が用いられるのが現状です。

てんかんの発作、痙攣発作は見分けられる?

「てんかんが原因であるけいれん発作」と、「てんかんによらない他のけいれん発作」を見分けることは、簡単ではありません。特に、ともに脳に由来する場合などは「けいれん」自体に差はないことになります。例えば、脳のある部位を焦点とする、てんかんによるけいれん発作と、同部位の脳外傷の受傷時におこるけいれん発作を、症状を見て区別することは不可能です。てんかんによるけいれんを見分けるためには、脳波検査によって、てんかん波形を同定することが必要になります。

小児の例を挙げますと、熱性けいれん(高熱などが原因)によるけいれん発作は、てんかんの「強直間代発作(大発作)」と同じような型ですが、両社を区別することはできません。脳波検査によって、2つのけいれん発作は見分けられることになります。

高齢者のてんかんの特徴と認知症の違い 見分けられる?

高齢者のてんかんは、特徴のはっきりしない症状(専門的には「非特異的症状」といいます)も多いといわれます。また、高齢者に頻度の高いてんかんは、側頭葉てんかんによる複雑部分発作であることが知られています。しかし、高齢者では、発作の前兆もないことが多く、発作後に意識がもうろうとした状態が数時間から数日間に及ぶほど長く継続する(非けいれん性てんかん重積)点で、成人の複雑部分発作とは、かなり異なった病状となります。さらに、二次性全般発作(脳の異常部分が広がる発作)をきたすことも少ないため、てんかんであることを、疑わず、見逃してしまうことがしばしば起こります。

高齢者の複雑部分発作の症状に、よく使われる表現としては、「ボーとした状態」、「不注意」、「もうろう」、「無反応」、「健忘」、「奇異な行動」などであって、「てんかんらしくない」症状が並びます。したがって、成人の特徴的な複雑部分発作の症状と異なるために、「てんかん」と診断されず、「認知症」と誤診されてしまうことも多くなっています。認知症と考えられている患者さんでも、全く正常な状態に戻るときがある場合は、てんかんを疑ってみる必要があります。

逆に、認知症の側から「てんかん」を見てみましょう。認知症の患者さんのてんかん発症のリスクは、一般の方の5倍から10倍高いです。さらに認知症の1種類であるアルツハイマー病の患者さんの10%から22%が経過中にてんかん発作を合併し、認知症の発症から、てんかん発作があらわれるまでの期間は、平均で6年といわれています。認知症患者さんの発作型を見てみると、複雑部分発作(72%)、強直間代発作(大発作、38%)、単純部分発作(13%)、ミオクロニー発作(8%)などとなっています。

認知症患者さんの発作型も、ほとんどが複雑部分発作であるわけですから、高齢者のてんかんと認知症を見分けることは、かなり難しいと言えるでしょう。しかし、高齢者のてんかんは、抗てんかん薬に対する反応が良好であり、低用量で発作を抑制でき、治療の継続率も良いとされているので、医師にとっては診断が重要になります。


【てんかん関連の他の記事】

【定義、原因、予防、疑問】
てんかんの定義と種類 「部分」「全般」「特発性」「症候性」の意味は?
てんかんの原因と予防 遺伝する確率は?後天的、大人が発症する理由は?発症自体は予防できる?
てんかんの疑問 治る?再発する?寿命に影響?突然死がおきやすい?患者数はどれくらい?
てんかんと生活 運転・免許更新・仕事は可能?障害者認定となる?運転のリスクとは?
【発作症状】
てんかん発作とは?頻度は?「重積発作」「大発作」「小発作」の意味も解説
てんかんの発作の原因、前兆、予防 ストレス、酒、運動、たばこも引き金?薬以外で発作予防はできる?
てんかん発作の疑問 睡眠中も起きる?大人と子供で違う?嘔吐、めまい、眠気、頭痛と関係している?
てんかん発作の際の対処法 救急車を呼ぶ基準・タイミングは?
【発作以外の症状】
てんかんの発作以外の症状、合併症、後遺症 精神症状も?子供と大人で合併症が違う?
てんかんと性格・発達障害・知的障害・記憶障害の関係 影響がある?ない?
【診断、治療】
「てんかん?」と感じた際のチェック項目 大人、子供を別々に解説
てんかんの診療科、検査、診断基準 脳波や血液で何がわかる?MRIも使う?
てんかんの治療薬の種類、効果、副作用 妊婦は奇形が起きやすい?確率は?デパケンとは?
てんかんの手術治療、リスク 手術可能なケースとは?迷走神経刺激療法とは?


てんかんと痙攣・認知症の関係、見分け方についてご紹介しました。自身や近いが「てんかんかもしれない」と不安を感じている方や、疑問が解決されない場合は、医師に気軽に相談してみませんか?「病院に行くまでもない」と考えるような、ささいなことでも結構ですので、活用してください。

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師