認知症の家族の介護・ケア体験談(50代/女性/専業主婦)

  • 作成:2022/11/25

本記事では、離れて暮らしてる(車で20分くらい)母親が認知症と診断された、専業主婦の50代女性の体験談を紹介します。

この記事の目安時間は6分です

認知症の家族の介護・ケア体験談(50代/女性/専業主婦)

認知症を疑ってから受診までの経緯

銀行の暗証番号がわからなくなる、母からかけた電話なのにかかってきたという、といったことがありました。また、料理上手だったのに、同じ物しかつくれなくなり、味もおかしくなりました。加えて、携帯の子機がないなど、意味不明な話が多くなり、様子が変だなと思いました。

嫌がる母をどうにか説得して、母のかかりつけ医に相談しました。
そして、紹介状を書いてもらい 専門の病院を受診すると、脳のCTなどの検査結果と、家族の話を合わせて認知症と診断されました。

診断されてからの生活

受診したときはまだ軽度だったので、薬は出ず、デイサービスや介護保険を利用してくださいと、いわれました。しかし、本人がデイサービスもヘルパーさんも嫌がり、結局現在にいたるまで治療は何もしないままです。
今では日付も食事したことも忘れ、症状は相当ひどくなっていると感じています。

初めに紹介された病院が合わなかったので、再度、別の病院を探しているところです。

日常生活で工夫していること

離れて暮らしてる(車で20分くらい)ので、毎朝必ず電話で日付と予定を確認しています。
また、家のあちこちに大事なことを書いて貼っています。火事が怖いのでIHにしましたが、母が使えないため、夕飯は宅配を私が頼んでいます。
何回いってもすぐに忘れるので、なるべく怒らないように根気よく話すようにしています。

家族が認知症になって大変だったこと

日付や曜日がわからなくなったこと、料理ができなくなったことです。

家族が認知症になって思うこと

旅行など、行きたい所があれば連れて行ってあげたかったです。

ご家族の認知症に対する不安を抱えている方へのメッセージ

介護の中でも、認知症はもっとも大変ではないか、と思います。どれだけこちらが大変でも感謝されず、文句をいわれるばかりで心が折れます。いらいらするし時間も体力も使います。
いつか終わりが来ると思い、自分が後悔しないようがんばりましょう。

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率98%以上

病気・症状名から記事を探す

その他
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

協力医師紹介

アスクドクターズの記事やセミナー、Q&Aでの協力医師は、国内医師の約9割、31万人以上が利用する医師向けサイト「m3.com」の会員です。

記事・セミナーの協力医師

Q&Aの協力医師

内科、外科、産婦人科、小児科、婦人科、皮膚科、眼科、耳鼻咽喉科、整形外科、精神科、循環器科、消化器科、呼吸器科をはじめ、55以上の診療科より、のべ8,000人以上の医師が回答しています。

Q&A協力医師一覧へ

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師