肝硬変

肝硬変について知っておきたいことをわかりやすい言葉で解説しています。症状やその原因、治療法などの対策など医師監修のもとで信頼できる情報をお届け。

肝硬変についての医師Q&A

Q

肝臓ガン焼灼手術後、飲酒継続の場合の再発について

アルコール依存症の主人に癌が見つかり、5月に肝臓癌のラジオ波焼灼手術をしました。 退院して1ヶ月も経たないうちに呑んでしまっています。 自分でも色々調べましたが、ステージ1でも再発率75%、5年生存率50%とありました。 毎日仕事帰りに隠れて、 ビール350ml、焼酎ワンカップサイズ1本を飲み続けています。 上記のような質問を7月にさせて頂きました。 主人は相変わらず、ほとんど毎日お酒を飲んでいます。 依存症によるイライラ時(離脱やドライドランク)は、当たり障りのないように聞き流しています。 本人も、酒の事でどこかに相談なんてする気もないですし、ただただ定期的に、がんの手術を受けた病院ではない近所のクリニックで、グリチロンだけを貰って、それを飲みながら隠れて飲酒しています。 飲酒している事をとにかく隠したがるので、肝臓の定期検査なんて行くつもりもないと思います。 最近は、急に膝が痛いと言い出したり、また鼻血をよく出すようになりました。 アルコール性肝硬変 肝臓ガンなどの関連で、膝の痛みが出ることがありますか?右足だけです。 一度おさまっていた鼻血が、またよく出るようになったのは、また肝硬変が進んでいるという事でしょうか? 顔もお面を被ってるように真っ黒です。 ガンが再発する場合、半年で再発することなどはありますか? (40代/男性)

40代/男性
Q

肝硬変のアンモニアを下げる方法

アルコール性肝硬変で何回も昏睡で、入院したり、何処が何だかわからなくなるのですが、どうしたらアンモニアを下げればいいのか、どうした時に上がるのかすいませんが、教えていただきませんか! (50代/男性)

50代/男性
Q

自己免疫性肝炎について

いつもお世話になっています。 2年前からγGTPだけが高く(82)、それが先月下旬にした検査ではYGTP141・ALT64・ALP452と3項目が高く出て、抗ミトコンドリアは20陰性で抗核抗体は40・IgG2011だったので自己免疫性肝炎の可能性もあると紹介状いただき、今日国立の病院に行きました。エコーは問題なし、再度の血液検査は高かったγGTPは141→104・ALTは64→34・ALPは452→362でした。他にHBs抗原定性・抗核抗体(ANA)・IgG・IgM・TRAb・抗ミトコンドリアを外注で調べるらしく結果は12月です。主治医は結果により肝生検かもしれない、肝生検は1泊2日、ステロイドは副作用があるからなるべく使いたくないし結果によっては肝生検じゃなくウルソで様子見る、と言われました。肝生検は怖いし嫌です。まだ結果はわからないでしょうが、3週間で数値は少し下がっています。私は自己免疫性肝炎の可能性どうでしょうか?家族も肝生検や、まだ33歳で難病だったらとステロイド治療などを色々心配しています。 (30代/女性)

30代/女性
Q

AFPの基準外での数値の移行。肝臓がんの可能性。

おはようございます。 48歳のB型肝炎キャリアです。現在セロコン状態で、1年半前に測った時はHVB DNAは2.4でした。ウィルスが少ないこともあり特に治療は行なわず、昨年の5月にCTスキャンをしてから、半年毎のエコーと、3ヶ月毎のAFPテストを行なっています。 今のところエコーに問題ないのですが(最新は先月10/12に撮影)、AFPが昨年の5月から調べ始めてから、ずっと基準値より高く、横ばいが続いています。 テスト様式はBeckman Coulter chemiluminescent method で、基準値が6のところ、2016年(5/2) 7.6 ⇒ (6/13) 8.3 ⇒ (7/13) 7.0 ⇒ (9/22) 6.3 ⇒ 2017年 (1/11) 6.7 ⇒ (4/21) 7.4 ⇒ (7/28) 5.8 ⇒ (11/14) 7.2 という具合です。 特に、前回5.8に下がったのですが、今回7.2に上がり、その上がり幅が過去最高の1.4となり大変心配しています。 脂質異常症があり中性脂肪は564、悪玉は106、トータルコレストロールは305、善玉は42 という以外はいずれも数値が基準値内なので、担当の先生はこれらの改善指示をしてくれましたが、AFPについてはエコーも問題ないので静観していくとのことです。 これらのAFPの数値の推移から考えられる所見として、いつか癌になるものと覚悟しておいた方が良いものなのでしょうか? アドバイスのほど 宜しくお願い申し上げます。 (40代/男性)

40代/男性
Q

B型肝炎 ゲノタイプA

B型肝炎 ゲノタイプA AST31 ALT36 ALP238 HBs抗原 (+) 25000iu/ml HBs抗体(−) HBe抗原(−) HBe抗体(+) 阻害率99.5% HBc抗体(+) S/CO 11.12 HBV核酸定量 3.1 健康診断の結果、精密検査で上記の数値です。 現在は特段治療が必要なく、3ヶ月後に再検査と言われております。 具体的教えて頂きたいことが 1.自然治癒の可能性は今後あるのでしょうか? 2.急性肝炎が起こる可能性もありますか? 3.私は慢性肝炎?無症候性キャリア?その他? 4.HBs抗体が陽性になる可能性はありますか? 心配でどうしたら良いか分からず教えて下さい。 (30代/男性)

30代/男性
Q

難病の自己免疫肝炎ですか?

明日紹介状をもって大きい病院へ行くんですが不安なんでお願いします。 33歳、2年前からγGtpが82と高く様子見てましたが先週した検査AST 33、ALT 64 、γGTP 141 、ALP 452 、HBs抗原 8>、HCV抗体はマイナス 0.1>、B型C型肝炎は陰性、抗ミトコンドリア 20>陰性、抗核抗体定量 測定値40、パターン1 HOMOGE、パターン2 SPECKLED、Ig -G 2011、Ig-M111でした。 結果から恐らく自己免疫性肝炎といわれ、私はホルモンバランスは大丈夫ですが橋本病もあるので合併もありうるといわれました。でも難病も嫌だし肝生検も怖いです。この結果から自己免疫性肝炎である可能性はどれくらいですか?自己免疫性肝炎でない可能性はどれくらいですか?大きい病院へ回された=やっぱりこの病気であることがほぼ確定なんでしょうか? 難病なんて嫌だし心配でなりません。 (30代/女性)

30代/女性
Q

B型肝炎患者のセックスについて

私は慢性B型肝炎患者で、現在拡散アナログ製剤を服用しています。現在ウィルス量は最低の検出値以下まで下がっており、治療は順調です。 このような場合、コンドームをつけていれば性行為することが可能でしょうか?? 付き合いだした女性がいるのですが、ワクチンを獲得するまでの半年間もできればセックスをしたいです。 もちろん100パーセントの安全はないと考えますが、ウィルスがほとんどいない以上、ほとんど100パーセント安全なのではないか?という考えを持っています。 セックスを我慢することは本当に辛いです。 よろしければ回答をお願いします。 (30代/男性)

30代/男性
Q

有名大学病院の部長医師との付き合い方

わたしは、アルコール性肝硬変で有名な大学病院の部長医師から診て頂いております。それは、運が良かったと思います。部長医師の患者に対する態度で不平不満があります。わたしが、医学書を購入し質問すると丁寧に説明してくださるのではなく、君は医師免許を持っていないだろう、とか、肝硬変はガン化するおそれがあるので部長医師が年に2回CTを取りましょうと言うので、その時期になりわたしの方からCTをお願いしますと言いましたら、それは医師が決めることで患者が決めることではないと言われました。チャイルド分類について話したら、患者からそういわれるのは初めてだよと言われました。医師と患者の信頼関係が構築されておらず、インフォームドコンセントも医師の独断でした。部長医師という肩書で助教授さえも頭があがりません。名医だと思うのですが、患者は医師に絶対服従的な態度のところがあります。今後、その部長先生とお付き合いする注意点を教えてください? お忙しいところありがとうございます。 よろしくお願い致します (50代/男性)

50代/男性
Q

先日の肝臓の血液検査の結果について

先日の血液検査の結果数値について、肝臓の数値見解お願いします。 ALP 189 AST 28 ALT 18 LDH 206 yGTP 14 でした。今のところは、問題ないと言われたのですが、お酒が好きでよく飲みます。また小さい子がいるため、睡眠時間も少ないです。肝臓の数値は本当に大丈夫でしょうか? 最近常にだるく、体も重く、朝から疲れているような状態です。 (20代/女性)

20代/女性
Q

肝性脳症

80歳の父が昨年より繰り返し繰り返し脳症をおこしています。 今までの肝性脳症は●態勢がとれない●一日中眠い●手が震える●脱力感がある という症状でした。 先日から脳症で入院はしていますが、今の症状は夜の消灯になると、人が変わった様に 興奮していて、怒鳴り散らしています。入院先は透析病院で専門医が居ないので なんとも言えないのですが、入退院を繰り返しているために精神状態が不安定なのか 脳症から来ているのかがわからず、これから先、毎晩続くのかわかりませんが、 脳症の可能性が高いでしょうか? (70代以上/男性)

70代以上/男性

医師に相談して
不安を解消しましょう!

医師に相談する